So-net無料ブログ作成
検索選択

手術の決意 [手術に向けて]

…と言うほど大げさなものではないが。

最初に子宮筋腫が発覚しリュープリン注射を始めた時から、
この注射で逃げきれなくてまた大きくなってしまった時は、
切るしかなかろうと思っていた。
実際お腹がポッコリし出して体重が増えてきたのを自覚した一年前から
やっぱり切らなきゃならないな、と。

前回の時はアラフォーだった。
子供を産む予定もなく仕事に穴を開けるのが嫌で注射を選択しただけで、
ショックが無かったわけではないけど、生理は重いし、出血は半端ない、
おかげで貧血が酷いので、切って生理から解放されるのは魅力的ではあった。
今考えれば、仕事の都合なんて考えず、さっさと切ってしまっとけば、
酷い肩関節痛という副作用に悩まされる事もなかったのにととても後悔。

今回は四捨五入すればアラフィフだし、仕事もなんとかなりそうだったので、
切ることにはあまり抵抗はなかった。

強がらなくても、的なことをいう友人もいたが、特に強がってるわけでもない。
ちょっと寂しい気もするし、なんの役にも立てさせてあげる事も出来なくって
子宮には申し訳ない気持ちはあるが、辛い生理から解放される魅力の方が強い。
メンタルはかなり強い方だからか、あまり女であることに拘りもないし。
今まで伊達に一人で生きてないし、これからも一人で結構とか思ってるし。
(過去、数人の彼氏は私のその強靭なメンタルに
頼ってもらえない寂しさを覚えると言われた。小さい男だな。)

手術の後遺症とか心配なことはあるけど、
実際に先延ばしにしてもいいことないのはわかってるので。
子宮を切ると女性じゃなくなる的な考えがあるのかもしれないけど、
子宮があっても閉経すれば妊娠できないでし、
子宮を切っても卵巣が残っていれば女性ホルモンは出るわけで、
子宮本来の役割である妊娠を基準に考えれば、
むしろアラフォーで閉経してしまう人より長く女性であるとも言える。
女であるとか、切ったら女じゃなくなるとか、
結局は自分が女であると思っていればおんなじゃないのかと思うわけで。
切ったり閉経したら女じゃ無いとか言ったり思ったりするような輩は
ゲスいなぁと思っとけばいいよ。


nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。