So-net無料ブログ作成

手術当日 〜 その2〜 [入院~退院]

点滴の針もなんとか無事に入りのんびりしていると、
一本目の点滴中に家族がやって来た。
子供を預けてから来る予定だったから、
手術が予定通りならば始まってからの到着になるはずだったが、
手術時間がずれたので間に合った。

私自身は気にしていないのだが、お見舞いもみんな断っていて、
入院期間中だれも来ないのに手術前に誰も来ないとなると、
どんんだけ寂しいやつだと思われるかもしれなかったところ。

緊張感のかけらもなく、しばし家族と雑談していると、
点滴2本目に交換して移動することに。

いよいよ手術。
病棟ナースさんと家族と歩いて手術室へ移動。
手術室の前で、んじゃぁ行ってくるわと家族に手を振り、
手術室のナースさんに引き継がれる瞬間、
ちょっと振り向くと、家族はそそくさとエレベーターに向かって消えてった。
うん、まぁ、いいんだけど。

手術室のナースさんに名前と生年月日、手術箇所を申告し、
手術室に入室。
めったに入れるところではないのでもうちょっと観察したかったのだけど、

沢山の人が忙しそうに準備してるので、もたもたするのも申し訳なくて、
手術台に腰掛け寝転がる。

寝転がると同時に左右からベリベリとマジックテープの術衣を剥ぎ取られ、
布をかけられたと思ったら口に酸素マスク的なものを当てられ、
お、全身麻酔だねと思った瞬間オエッとむせて、
気持ち悪いと思いながら慌てて目を閉じたら落ちてた。

〜  つづく  〜

nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。