So-net無料ブログ作成
検索選択

術後2日目 〜 その3 〜 [入院~退院]

15:00過ぎ。
痛みが強くなって来たので痛み止めを所望すると、
ロキソプロフェンをもってきてくれた。
飲んで5分もたたないうちにお腹全体にすごい熱感が。
おまけに腸が動いて切開創や切った靭帯やら癒着していた部分を
お腹の中からグリグリと刺激してとんでもなく痛い。
薬が効いたらましになると思って30分我慢したが、
治まったのは焼けるような熱感だけで、グリグリの痛みは全然効かない。
ナースコールで痛み止めが聞かないと申告する。
やって来たナースさんが、
「錠剤の痛み止めは6時間空けないといけないから、あとは座薬。」
……。
なに、その剣のある言い方。
どうしますか?とかないの?
とは言っても痛みがある以上ここで意地はってもしようがないので、
座薬をお願いする。
座薬を持って来て横向いてくださいと言われたが、
またカーテン閉めてくれなさそうなので窓の方に向く。

このナース、検温とかでやってきてお腹の傷を見るときも
唯一カーテンを閉めてくれない。
向かいに人影はあまり見えないけど、
病室よりも高いビルがあって見ようと思えば丸見えなんですけど。

去り際に「麻酔、抜かなかったらよかったねぇ」。
ほんっと!このナースだけは最後まで好きになれなかった。
他のナースさんはみんな感じが良くてきちんとしていたのに。
お腹の傷を見る時、研修のナースさんが慌ててカーテン閉めてくれたぐらい
気の利かないナースだった。

先生も足の痺れを気にしている私に錠剤も座薬もあるし、
それで効かなかったら点滴もあるから、
気になるなら麻酔外しても大丈夫ですよ、
痛みは我慢せず遠慮なく言ってくださいね、
とおっしゃってくださったのに。

まぁ、それはさておき、座薬が効いてきて痛みはましになってきた。
痛みのことが伝わったのか、主治医の先生が来てくださった。
日にち薬だから痛みは徐々に治まって来て、
どんどん良くなりますよ、痛かったら無理せず言って下さいね、
お薬も種類がありますからいろいろ検討しますからね、と。
窮屈だった弾性ストッキングも脱いでOK。

硬膜外麻酔が切れたからかトイレも勢いが良くなりすっきり。
座薬がどの程度効いてくれるのかと心配したけど、
この座薬が最後で痛み止めはこの後一切必要にならなかった。
痛みが無くなった訳では無いけど許容範囲だった。
やっぱり痛み耐性あるのかな?

夕食も食欲がない訳では無いけど、
食べ始めると半分くらいでいらなくなる。
絶食で調子が狂ってるのかな?
ガスは術後最初の食事の後に腸が動いている感じもあり、
すぐに出たけど中身はまだ出ていない。
あまり食べてないからしょうがないけど。

熱発(37.8℃)で夜勤のナースさんがアイスノンを持って来てくれる。
最後の抗生剤と生食の点滴後消灯。



nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。